社員インタビュー

・プロフィール

入社6年目になります。年齢は32歳です。 社内での私の立ち位置ですが、癖がある上司達?(笑)の橋渡し役です。 月1回開催している研究会や勉強会、プロジェクト作業では、若手メンバーのまとめ役でもあります。

入社3年目で年齢は(実は)20台後半です。 入社してから大手お客様の担当を続けており、今では一人でお客様と直接やり取りし、仕事を進めています。

入社1年目です。年齢は20台前半です。ITの世界に入ってまだ期間も短く、日々勉強に励み、先輩方に教えを乞う毎日ですが、徐々に作る事の楽しさを実感しながら仕事をしています。

・インタビュー

Q1.入社を決めた最大の理由やきっかけは何ですか?

入社前の面接時に紙面上の経歴や表面上の会話ではなく、私の人間性を評価して頂けたところです。

「自分の出来次第で残業しなくても済む」という方針に共感したからです。能力主義が実施されつつ、自分の時間の確保と仕事が両立できると感じたところです。

カジュアル面談だったこともあって若干の緊張はありましたが、比較的気楽に会話ができ、面談が終わった後に「疲れた~」といった感覚がなくほっこりした感じで終えられたので、雰囲気の良い会社だと思えたからです。

Q2.入社して初めて携わった仕事について教えて下さい。

初めての仕事は、テスターでした。
ログを比較し、細かく検証する作業が中心でしたので、初めのうちは効率化することができずに大変苦労した記憶が残っています。現在は、手数が多い仕事などミスを軽減するためにExcelマクロ等を利用して作業を効率化しています。

設計書に基づいた、プログラミング~テストすることが最初の仕事でした。
入社する前は、自分がエンジニアとしてやっていけるのか不安でしたが、先輩社員や協力会社の方々の手厚いサポートのおかげで、 想像していたよりスムーズにプログラミングやテストを進めることができました。
システムの背景や目的を把握した今となっては、当時もっと工夫できることはあったのではないかと少し後悔が残っています。

研修期間が長かったので、実際のプロジェクトに参加できた時は嬉しかったです。
ITという物に関わるのは初めてでしたので、参加前は「特殊な事をやるのかな?」との不安もありましたが、基礎から学んで積み上げていくところは、ほかの仕事とも変わらないなと感じました。

Q3.現在従事している仕事内容を簡単に紹介してください

私は現在ちょうどプロジェクトの切れ目にいます。
次の仕事は、現存している建築系基幹システムの追加開発になります。主に日中動作している機能不具合の影響を調査し、改善していくことが私の仕事になります。

最初のお仕事で担当していた大手製造業システムの機能改善や動作検証の作業をしています。
お客様と直接会話・相談し、どのような要件で進めていくのかを決定し、その過程で発生し得るプログラムの障害を修正したり、新しい機能をお客様環境にて動作検証し、リリースするといった作業を行っています。

既に利用されているシステムの改修内容を先輩達から聞いて、実際のプログラムを修正する立場として参加しています。

Q4.仕事上の成功例や失敗例など、エピソードがあれば教えてください

あるプロジェクトで調査に時間が掛かり過ぎ、残業を余儀なくされたことがありました。
自分の作業見積りが甘かったのも原因の一つですが、納期を見極めて早くお客様や先輩方にアラームを出すことも必要と感じました。今では、聞くことより聞かれることが多くなったので正しく返答できるように頑張っています!

特に大きな失敗はなく、なんとか日々作業できています。
お客様とのお付き合いも長く、信頼していただいていると、上司からも評価を受けています。
ただ、とっさの電話対応が苦手で、最初はモタモタしていたのを覚えています。途中から電話応対する際、ノートに書き出すように心掛け、相手の名前や対応を覚えていくことができました。

設計書を作成するときに、作業時間の見積をすることになったのですが、初めは良く解らず、先輩方に確認しながら何とか凌ぎました。
非常に難しかったです。

Q5.仕事をするうえで常に意識していることを教えてください。

作業の「ボリューム」と「納期」です。
シンプルですがプロとして仕事をする上で重要なことです。

仕事を進める時、リスクや落とし穴がないかを常に考えています。
もし、想定通りに動けなかった場合は、その原因を分析し、次の成果につなげられるよう意識しています。
自分で判断が厳しい状況の場合は、早く上司にアラートをあげることも意識しています。

私は以下の作業を1日毎に繰り返すように意識して取り組んでいます。
①小さい目標をたてる
②一瞬でも振り返る時間を作る
③解決策を考える
④実行

Q6.仕事上のやりがいや、エルパで働く魅力を教えてください。

一括案件が多く、上流工程~下流工程~運用までの経験ができます。
プロジェクトの最後を見届けられた時は感動しました。
エルパだと一人一人の意見が届き風通しがよいです。
先輩方も親身に話を聞いてくれますよ!

一つ目は、SEとして大小問わず色々な企業で作業をする機会があることです。
その結果、様々な人々と関わることができ、幅広い知識を吸収できるのが大変魅力的です。
二つ目は、プロジェクトの中でも存在感ある動きができる会社であることです。
以前携わっていた大企業プロジェクトで、当社の先輩が、他社含めたプロジェクトメンバーの行動をコントロールしているのを見て、その存在と動きのすごさを感じました。

どうすれば意図した通りの動きを実現できるのか、考えてプログラムを組み立てている時が楽しいです。
動かなかったプログラムが動いたときは、心の中でガッツポーズしてます。

Q7.今、仕事以外で一番興味があることは何ですか?

次のiPhoneの大きさです(笑)

今はVRにハマってます!

「ハンニバル」シリーズ

Q8.これから一緒に働く未来のエンジニアへ一言!

社会人として働く事は一言で言うと、「自分の言動と行動に責任を持つ」ことです。
先ずは自ら行動し、自分の目で確認して先に進むことが大切です。
仕事上、忙しく苦しい時期もありますが、楽しいこともたくさんあります。
そいうったことも共有し、一緒に頑張って行きたいですね!

SEはお客様先での作業が多く、社員がバラバラになりやすいので、自社社員との繋がりが希薄になりがちですが、当社はみんな仲が良いです。
全社員が協力して一つの課題に取り組んだり、仲間意識が強いので、新人でも最初から安心して仕事ができます。
熱意のある方なら誰でも歓迎です!

You’ll never find a rainbow if you’re looking down.
「下を向いていたら虹を見つけることはできないよ。」